TOP

当社の取組み

技術を高めることは、必要ですが、安全に仕事をすることが、
何よりも大事です。

Industrial Safety and Health Law

安全衛生

協議会

当社では月に一度各現場の作業主任者で安全・品質・生産についての意識向上、意見交換を行う為安全衛生協議会を実施しています。
また協議会と並行して年に一度安全大会を開催し、社員・協力業者一同で安全面や意識の向上を図っています。、技術力や提案力の研鑽を続けてまいる所存でございますので、ますますのご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

協議会

安全について

新規現場入場前に入場予定者全員に対し、各現場での安全とルールへの意識向上の為送り出し教育を実施しています。現場で安心して作業が出来るように、当社では公的労災及び任意労災に加入しております。

月一回の安全衛生協議会、年一回の安全大会に加え若手社員を中心に
施工や安全を学ぶ勉強会を実施しております。
また、元請け主催の安全講習や資格等の取得にも積極的に参加しております。作業主任者とは安全衛生協議会と別に個別で面談を行い、知識・意識・認識の向上及び共有を図っています。

安全について

衛生について

作業で発生した木材や金属の廃棄物は、マニフェストに沿って廃棄物処理業者へ委託し、処分しております。環境対策の取り組みの一環として、川崎市が実施する「かわさきエコドライブ宣言」への企業登録、また「チームマイナス6%」への登録を行い社 員一人一人、身 近なところからのエコを心がけています。

年に一度、健康診断を実施しております。
当社では保護具を管理台帳で管理し、ヘルメットを年1回、安全帯を2年に1回支給しております。

衛生について

「安全」「安心」への要求への対応

当社では2008年より耐震補強工事の事業部を立ち上げ、実績を重ねています。震災を機に、住宅の「安全」「安心」への要求は高まり、耐震診断、耐震補強工事の実施率も上昇しています。耐震性の不十分な建物が未だ多く存在するなかで、耐震の知識と技術を身に付け耐震化を進めることは、地域に密着して活動する我々の使命であると言えます。

environment-minded

環境問題への配慮

環境問題に配慮しつつ、有効的に資材を活用していくプロセス作りを意識し、今後益々の技術の向上に努めると共に、積極的に新しい施工方法や資材開発を行っております。

足腰の強い会社作りに取り組んでいます。
また、社会が求めるニーズや様相の変化に応えるべく、
更に格の高い生産能力、安全配慮を追求していきます。

 

環境問題への配慮

>業務内容